残穢 -住んではいけない部屋-

久しぶりのゾクゾクする日本のホラー映画に出会えました。

ホラー映画は非現実的な内容なのは承知していますが、最近の日本のホラー映画はどうしても「こんなシチュエーションありえないでしょ」というような物が多くてストーリーに入り込めない感じがありました。

残穢 -住んではいけない部屋-は人から聞いた怖い話を本にする作家が主人公で、ある日アパートに住んでいる女性から奇妙な話を聞くんですが、その話に興味を持って、どうして心霊現象が多発するのか調べていくといった内容です。

人から聞く怪談話を映画ではオムニバスのような感じで映像にしているのですが、どれも日本のホラー映画独特のじっとりとする描き方がされていて、日常に潜む恐怖を上手に表現されていました。

海外のホラー映画にありがちなわっと脅かす手法の作りじゃなくて、畳を何かがする音や何かの気配を感じてその方を見るとじっと幽霊が佇んでいるなど、じわじわと心理的に怖くなるような感じが良かったです。