15時17分、パリ行き

 

感想

2015年に実際に起きたフランスでの列車テロ事件を、クリント・イーストウッドが映画化した作品です。

しかもキャストは実際にテロ犯人を拘束した軍人とその友人が演じています。

他の列車の乗客も、実際にその場にいた乗客を呼んで撮影しているのだそうです。

つまり、メインキャストはほぼ素人という、驚くべき映画でした。

イーストウッド監督は近年、『アメリカン・スナイパー』や『ハドソン川の奇跡』など、実際に起きた事件をテーマとして、その中でヒーローになった(そう思われた)人物を掘り下げるという作品を撮っています。

今作もその流れの作品で、普通の人間が勇敢な行為でヒーローになる過程を追っています。

しかし、とうとうプロの役者すら使わなくなってしまいました。

『ハドソン川の奇跡』で名優トム・ハンクスを使ったのと間逆のアプローチです。

90歳になろうかという大御所がこんなアグレッシブなことをするとは驚きです。

 

前半は主人公3人の幼少時から描く回想シーンです。

ここはもちろん、プロの子役や俳優が演じています。

映画の中で最も映画的なのはこの部分です。

中盤は主人公たち3人がヨーロッパ旅行で遊びまくるシーンをひたすら描きます。

そして後半は実際にテロが起き、それを鎮圧した様子を本人たちが演じます。

構成や段取りや、それぞれのつなぎなどが非常にいびつな映画なのです。

しかし、前半での伏線が後半にきちんと回収されるところもあり、こんないびつな映画なのにきちんと映画として成立していると思いました。

イーストウッド恐るべしと思います。

本人たちが出演した「奇跡体験アンビリーバボー」の再現VTRという評価もわからないではないですが、面白い(interesting)映画を作ったものだなあと思います。感想