怪盗グルーのミニオン大脱走

ミニオンシリーズの最新作です。

前作に引き続きかわいいミニオンたちが和ませてくれる大人も子供も楽しむことができる映画です。

シリーズものではありますが、前作を見ていなくても十分楽しめる内容になっています。

私は日本語吹き替え版を見たのですが、グルーの声を演じている笑福亭鶴瓶さんの声がとてもあっていて、不思議な関西弁がとても面白かったです。

劇場ではレイトショーということもあったのですが小さいお子さんというよりも若い女性の方が多く見に来ていました。

ミニオンは今ユニバーサルスタジオジャパンなどでも新しいエリアが出たり、キャラクターグッズもたくさん販売されています。

しかしやっぱりミニオンの良さはこういった映画のストーリーの中でいきてくるのではないかと思います。

少し間抜けで、ふざけたり、それでもいつも一生懸命でけなげな姿をみると応援したくなってしまうそんなキャラクターの良さが映画ではとてもよく伝わってくると思います。

今回の作品は新しいキャラクターも出てきますが、どのキャラクターもどこか愛らしくそして憎めない未イオンシリーズの良さが出ていると思いました。