PAN ネバーランド、夢のはじまり

 

感想

これ、隠れた名作だと思います。王道の冒険活劇として、おすすめです!

あの有名な童話、ピーターパンの前日譚を描いた冒険ファンタジー。

イギリスの孤児院で、意地悪なシスターたちに虐められながらも、決して屈することなく、たくましく生きる、いたずらっ子のピーターの姿に、ドキドキワクワクすること間違いなし。

 

『オリバー・ツイスト』や『ハリー・ポッター』など、子供たちが大人を出し抜き、大冒険する姿に勇気をもらったことがあるひとなら、絶対に楽しめると思います。子供と一緒に観るのも良いかも。

海賊たちに攫われて、空飛ぶ海賊船に乗せられて、ネーバーランドに旅立つ、その幻想的な描写といったら!

ミュージカル要素もあります。

 

海賊黒ひげ こと、ヒュー・ジャックマンが、ニルヴァーナの『smells like teen spirit』を口ずさむ姿を見ることができるのは、この映画だけでは?

そして、なんと、この映画では、あの有名な敵役、海賊フック船長がピーターの味方なんです!

めちゃくちゃカッコイイ、粋なおにいさんっぷりを見せつけていて、その熱い友情に、胸が熱くなります。

 

インディアンの女戦士タイガー・リリーを演じる、ルーニー・マーラのアクションも見どころのひとつ。

決してB級作品ではなく、一昔前なら大ヒット間違いなしの中規模予算の映画だったものの、昨今の映画視聴環境の変化の関係か、本国では大コケしてしまったそうです。

なんてもったいない!

子供時代に戻りたい…と思うことがあるひとなら、一見の価値ありだと思います。感想